プロパンガスが止まった 考えられる原因と対処法

有限会社スギヤマから大事なお知らせです。
本記事はお使いのプロパンガスが止まった時の
原因と対処法の一部をご紹介しております。

大きな原因の1つは気温の低下です。
気温の低下と共に、水温が下がった場合
風呂給湯の温度を数度上昇させることがあります。
この場合通常の使用量と異なるため、
メーターが異常と感知し、ガスを遮断してしまう可能性があります。
メーターが遮断されると、当然ガスは使用できなくなります。

ガスメーターの復帰方法をご紹介いたします。

①ガスメーターとは?

参照記事:http://sugiyamagas.com/2017/09/17/maicon/


※インターネットより画像引用

主に給湯器の隣、もしくはボンベの近くに
設置されている事が多い。

・ガスの使用量の管理
・ガス漏れの管理

安全面を管理してくれている重要な機械です。

②ガスが止まった原因と対処法

■主な原因

・ゴム管の外れ等で、大量のガス流出
・風呂/コンロ等の消し忘れによる長時間使用
・ガス漏れ
・使用中に地震があった場合
・使用量の増加(気温低下時)
・給湯温度の上昇

□対処方法

・メーターの復帰
→ガスメーターの黒いボタンを押し、リセット。
点滅が消えたら使用できるようになります。

③メーター復帰方法図解

■作業の流れ

①全てのガス器具の使用を中止します。
(理想はガス栓を全て閉めます)

※インターネットより画像引用

②メーターまで向かいます
ボンベの近くか、給湯器近くにある事が多い)

※インターネットより画像引用

③メーターの黒いボタンを、「ガチャ」っと音がするまで押す
(一部メータの場合。最新式は音がしないものもあります)

※インターネットより画像引用
液晶画面に「ガス止め」や「アルファベット」が映し出されており
それがスイッチを押す事で点滅致します。

④マイコンのランプが赤く点滅しますので、止まるまで1分~3分待ちます

※インターネットより画像引用

⑤メーターの点滅が消えたら、ガスが使用出来るようになります

※インターネットより画像引用

 

④ガスが止まったその他の要因

ガスが使用できなくなる
主な原因は先に紹介した事例がほとんどです。
しかし、上記の復帰方法でガスの利用を再開できない場合は
その他の要因が考えられます。

前述した方法で復帰出来ない場合は、すぐにご連絡ください。
参照ページ:http://www.lpg.or.jp/disaster/disaster03.html
出展:LPガス安全委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA