ガス・電気コンロ(IH)。各使い勝手と比較

何かと比較されるのことが多い「ガスコンロ」と「IHコンロ」。
どっちが得でメリット・デメリットは?
使い勝手がいいのでしょうか?

①ガスコンロとIHコンロの種類

◇ガスコンロ

ガスコンロの種類は主に3つ。

Ⅰ、テーブルコンロ
Ⅱ、ビルトインコンロ
Ⅲ、キャビネット型グリル付きコンロ

■テーブルコンロ

※リンナイ製テーブルコンロより引用

タイプ:2種類
大きさ:横幅60㎝ OR 横幅56㎝
値段平均:13,000~70,000円(込み)

<詳細>
工事が不要で、一般人でのゴムホースの接続可能
設置方法は、台に乗っている機種を交換するだけ

■ビルトインコンロ

 

※リンナイ製ビルトインコンロ引用
タイプ:2種類
大きさ:天板幅60㎝ OR 横幅75㎝
値段平均:30,000~200,000円(込み)
(工事代別)

※画像は75cm天板
<詳細>
設置は有資格者(国家資格)が行なう義務がある。
ビルトインコンロと呼ばれる機種を使用していれば
各メーカーサイズが統一されているので
全メーカー設置可能。
仮にサイズが合わず隙間が空いてしまった場合
隙間を埋める目隠し板「フィラー」を入れて
対処することが出来る
設置での考察ポイントは

・デザイン性
・清掃性
・値段

■キャビネット型グリル付きコンロ

※リンナイ製キャビネット型グリル付きコンロ引用

タイプ:1種類
大きさ:1種類
値段平均:80,000円(込み)
<詳細>
設置は有資格者(国家資格)が行なう義務がある。

▲注意事項
見た目がテーブルコンロに酷似しているため
交換時、テーブルコンロを間違えて
購入してしまう事が多々ある。

キーワードは

・30年以上前
・工事をしてとり付けた
・2口コンロ

◇IHコンロ

IHの種類は主に2つ。

Ⅰ、卓上二口
Ⅱ、ビルトインコンロ

■卓上二口コンロ


※アイリスオーヤマより引用

タイプ:1種類?
大きさ:横幅56㎝
値段平均:14,000~20,000円(込み)

<詳細>
工事が不要で、無資格者でも
コンセントに接続するだけ。
ビルトインとは異なり
100Vのコンセントのみで
使用可能。

■IHビルトインコンロ

※インターネットより画像引用
タイプ:2種類
大きさ:天板幅60㎝ OR 横幅75㎝
値段平均:90,000~200,000円(込み)
(工事代別)

※画像は60cm天板
<詳細>
設置工事が必要で
200Vのコンセントが必要。

ビルトインコンロと呼ばれる機種を使用していれば
各メーカーサイズが統一されているので
全メーカー設置可能。

仮にサイズが合わず隙間が空いてしまった場合
隙間を埋める目隠し板「フィラー」を入れて
対処することが出来る。

②ガスコンロ・IHのメリット・デメリット

◇ガスコンロ

○メリット
・火力が強く料理に適している
・ガスで火力を賄うので電気代がかからない
・火が見える(教育に使える)
・全ての調理器具が使用可能(フライパン等)
・200Vの工事がいらない
・停電の影響がない
・焦げ目など火力のいる料理もできる

×デメリット
・天板の清掃性がIHに比べ悪い
・火が出る

◇IHコンロ

○メリット
・ガス代がかからない
・火が見えない
・天板がフラットで清掃性が良い

×デメリット
・火力が弱い
・火が見えない
・調理器具の使用が制限される
・停電で全く使用できなくなる
・200Vの工事が必要

③月々の支払いの差

◇ガスコンロ

火力 都市ガス(1h)
強火(2.97kW) 約37円
中火(1.68kW) 約21円
弱火(0.38kW) 約5円

※インターネットより引用

火力 プロパン(1h)
強火(2.97kW) 約64円
中火(1.68kW) 約42円
弱火(0.38kW) 約10円

※プロパンは約都市ガスの2倍

料理時間平均:2時間
条件:朝・昼・晩
1日平均価格:126円(都市ガス)
:232円(プロパン)

◇IHコンロ

料理時間平均:2時間
条件:朝・昼・晩
1日平均価格:?円(電気)

<備考>
電気は時間帯により価格が異なります。
つまり一定の金額ではありません。

こうなると正確な金額を
出すことは非常に難しいと言えます。

しかしインターネットで
下記の表を発見しました。
正確には比較できませんが
参考にしてみて下さい。

LPガス
1kWhあたりのエネルギーコストは21.21円
都市ガス
1kWhあたりのエネルギーコストは12.10円
IHクッキングヒーター(昼間時間帯)
1kWhあたりのエネルギーコストは38.63円
IHクッキングヒーター(朝晩時間帯)
1kWhあたりのエネルギーコストは25.92円
IHクッキングヒーター(夜間時間帯)
1kWhあたりのエネルギーコストは12.16円

※インターネットより引用

上記を基準にしてみると
価格のお得順は
『都市ガス』→『電気』→『LP』

④まとめ

◇得な方

個人的意見で言えば
ガスがお得だと感じます。

理由は
・IHは100Vか200Vで電気代に大きな差が出る
・IH停電すると使えない
・ガスコンロは時間帯によって価格が変わらない
・災害時に電気は弱い
・火力が強いので時短ができる

上記が挙げられます。
値段にしても「都市ガス」は一番わかりやすく
利用しやすいと感じました。

しかしIHの清掃性は
他を寄せ付けないほど
優れております。

燃料としての電気は
ガスに軍配が上がりますが、一長一短だと言えます。

プロパンガス会社は緊急時の対応が
都市ガス会社・電気会社に比べ
群を抜いています。

また東日本大震災を,東京で経験した私には
原子力が必要ないガスは環境に非常にいいと
言えるのではないでしょうか?

世界で現存するインフラで最も強いものは
プロパンガスだと言われております。
ボンベが破壊されない限り、半永久的に
エネルギーとして使用できます。
※充填の制約はあります

また、復旧も最も早いです。
震災当時もプロパン使用家庭が東京では影響を受けていなかった
そんな記憶があります。
有事の際の備えとして、多方面にお金を支払うより
月々の生活が備えになるプロパンガスは
一概に高いと言えるでしょうか?

ココがプロパンガスの強みだと考えております。

 

自分の最も価値観に合う、最適なエネルギー・コンロを選んで下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA